明日からいよいよFA選手の交渉解禁で何処に入るか気になる選手は

野球

プロ野球も全日程が終了して、現在日米野球が開催されています。サムライジャパンのメンバーはFAを行使した選手は選ばれていない状態で、実際に今年は4名のFAを宣言して他球団との交渉がいよいよ明日から解禁となります。

特に注目を集めているのが西武ライオンズの浅村選手で、内野手ながら3割30本100打点をクリアーしてキャプテンをしていた事からも、欲しい球団は3球団が手を上げています。

西武ライオンズも残留交渉を行って3年15億円などの金額を提示していますが、その他のソフトバンクホークスやオリックスバファローズや楽天イーグルスが虎視眈々と浅村選手の獲得を目指して高額な金額の交渉金額を提示してきそうです。

さて何処の球団が浅村選手の意中の球団となるのか、それとも残留で西武ライオンズに残るのか興味がかなりあります。その他も西武ライオンズのキャッチャーの炭谷捕手もFA宣言をしています。

キャッチャーと言う貴重なポジションでサムライジャパンの経験もありインサイドワークは申し分がありません。主に読売巨人がキャッチャーがウィークポイントであり補強点が一致しているので獲得に乗り出しそうな話になっています。

丸選手は巨人なのか

広島カープの丸選手もFA宣言をしていて、こちらの方も読売巨人と丸選手の地元の千葉ロッテマリーンズが丸選手の獲得に乗り出しています。当然広島カープも宣言残留を認めている事から残留と言う目もあります。

しかしながら年俸の兼ね合いで読売巨人と千葉ロッテマリーンズが4年総額20億円と言う金額を提示している所から、広島カープはその条件より劣る可能性もあり移籍の可能性も高い様です。

西投手のFAも注目

あとオリックスバファローズの西投手もFA宣言で球団側の提示が4年8億円で阪神タイガースが4年で20億円、ソフトバンクホークスが4年20億円と条件は他球団の方がこれもやはり良い様です。

いずれにしても放出の可能性を秘めている事から注目です。ここでFA4選手の移籍予想ですが、西投手は阪神タイガースかなと思います。浅村選手はオリックスバファローズで丸選手が読売巨人で炭谷捕手が読売巨人となりそうな予感がします。

何を基準に球団を決めるか

あくまでも個人的な予想ですので、正確には本人たちがお金か地元か人間関係か環境を選ぶのかと言った所になります。どれに中心に考えているのかも選手事に違いがあり、FA選手の考え方はキャラクターなどから考えて予想しています。どちらにしてもワクワクします。